shine on.*

shine on.*





あたしは主婦。


何も好きなものなど無いが、

あえて言うならコスプレとエッチが好きだ。


毎日が無為。


忌々しいのは夜勤を終えた夫が三日に一度持ち帰ってくるポリエチレングリコールを束ねたハイラウンドカットの作業着。


とにかく臭くてたまらないから去年二台目の洗濯機を購入した。


あたしの衣類と彼の衣類は現在別居中だけども、実作業と管理はあたしの任務らしいので嫌々ながらゴム手越しにそれを抓み、関わる作業を淡々と消化しているような次第。


あたしに言わせれば、あれは汚物だ。



その汚物をぱしんぱしんと両手で引き延ばし叩いてナノコーティングされた竿端部から差し込み、ベランダで天日干しするよな意味性の薄い毎日。


夜勤明けの夫はたいがい寝ている。


コイツの人生って殆ど睡眠かよ、ってくらい普段起きているところを見ない。


そればかりが原因ではないのだが、ここ三年は確実にコスプレもエッチもしていない。


このままいけば多分、気づいた時にはお互い七十過ぎの爺婆なんじゃないかと。


ああ、嫌だ。

マジ、離婚したい。



*←prevnext→#
-2-

index 散文/詩top

- XRIA -